おおきちナイトニッポン

ここにブログの説明を入力する

WEB上で個人情報入力の際の「秘密の質問」抽象的過ぎ問題

曖昧な話をされるのがすごく苦手なんです。

主語がない会話であったり、話の中に登場人物が5人いるのに「そしたらソイツが俺にぶつかってきてさ!」とか言われると「ソイツって5人の内の誰!?」となる。

 

他にも電話で「いま書類を見てるんだけど、ここのスミにある管理番号って何?」と聞かれると「いや!書類っていっぱいあるし!あとスミってどこよ!?スミって最低でも4つあるじゃん!!」とイラッとしてしまう。

 

23:50にメールでやり取りしていたとする。「じゃあ、明後日の9時空いてる?」って言われると「いや!この時間だと2日後なのか3日後なのか分からないじゃん!!あと9時って朝?夜?」となってしまう。

 

職場にそういう抽象的表現を煮詰めた様な会話しか出来ないオバサンがいるのだが本日とれたてのちょいイラをお届けしたい。オバハンがPCをいじりながら「このデータってこっちにも入ってますよね?」とつぶやいた。

その声の大きさはつぶやきなのか質問なのか分からない微妙な声量である。かつ、このオバハンの位置的に声をかけるであろう相手は何人もいた。

 

その時点で「to 誰なのよ!」と思ってしまうのであるが、「このデータの"この"ってどれを指してるの?that構文であるならthat以下に追記して!!」「いや!あなたの頭の中には既に登場してるから代名詞利用してんだろうけど、こちとら初登場なのよ!」など、キャナーリ顔をしかめてしまう会話なのである。余計なワンクッションを入れなければいけないのがちょいイラなのである。

 

 

 

絶対的表現でないとトラブルが起きやすいと思うんだ。めちゃくちゃイイ話をしたのに、相手の反応が「???……ああ!!弟がやっていたって事?父親の事かと思って『父親がそれやるのは当たり前だろ……』って思ってたけど、弟なのね!ならすごいわ!」みたいな反応が返ってきて萎えてしまったこと、誰であっても経験があるのではないだろうか?

 

誰が聞いても読み違い、汲み取り違いをしない様な会話や文章を目指すべきだと思うのだけど(それを逆に利用した叙述トリックってのがありますわね)、WEBサイトに登録する際の秘密の質問って重要な癖に抽象的すぎる気がする?

 

秘密の質問、抽象的過ぎる問題

 

f:id:ookichi:20170903144829j:plain

この質問用意しているサイトめちゃくちゃ多いのだけど、そんなん時代によって変わるだろ!!と言いたい!イエモンなのかナンバーガールなのかsyrup16gなのかwiennersなのか!ももクロも好きだった時あるぞ!!時代を指定してくれ!

 

あと、秘密の質問ってパスワードを忘れた際に入力をする最後の砦なのだから、10年ぶりにログインした時であっても答えをすぐ入力出来る質問にするべきだと思うのョ… 

 

 

 

f:id:ookichi:20170903145047j:plain

これも時代によって変わるだろうと!

 

 

 

f:id:ookichi:20170903145622j:plain

これもよく見る気がする。あったとしても色々なスポーツ好きだったらどうするんだ。海外のフォーマットを直訳しているだけなのだろうか?

 

 

 

f:id:ookichi:20170903145705j:plain

いつのだ?ゴミおじさんなのかメガネなのかおおきっちゃんなのかいつの時代の話か指定して欲しい。忘れた時に迷うから。

 

 

 

f:id:ookichi:20170903145831j:plain

そう!!こういうの!!こういう時代によって答えが変わらない絶対的な質問をしてくれ!!もっと言うと母親の旧姓をアルファベットで!とか入力方法まで指定してくれたらもっと確実!あ、でもアルファベットだとchidiwaなのかtiziwaなのか迷っちゃうね……(千々石ミゲルの場合)

 

 

 

f:id:ookichi:20170903150045j:plain

これもまあまあいいのだけど。個人的には『中学校の最寄り駅は?(〇〇駅)』と駅の文字を入力するのかしないのかまで指定して貰いたい。

 

 

確かAppleの商品をユーザ登録する際、3つの秘密の質問を自分で選択して登録するのだけど、どの質問も抽象的で「どれ選んでも迷いそう!!忘れた時に候補が何個も出てきそう!!」ってイラッとしたのを覚えている。

 

一度、サイトごとの秘密の質問表を集めてみても面白いかもしれない。

 

やってみよっと