しゃべり場に出たクラスメイトの和田という男

俺の通っていた高校は授業に能や漫才があるというちょっと変わった高校だったので、それなりに変人奇人がいたと思う。「今日はテロが起こるから」と言ってその日の授業を休んでいたNちゃんや、ロッカーを信じていないのか全ての教科のノートと参考書をリュックに入れて、毎朝腰をくの字に曲げながら通学しているKくん。休み時間は椅子の上であぐらをかき、貧乏ゆすりをしながらずっと小説を読んでいる地蔵のような顔をしたCなど個性の強い子がいた。

Cは典型的な理系でオタクという感じで(喋る時に右手で作った手刀を前に出しながら話すクセがある)、彼はスポーツの類をサッパリしてこなかったせいか授業でソフトボールをした際、バッターボックスに立ったはいいがピッチャーに背中を向けて立つという吉本新喜劇ばりのボケを当たり前の様にカマしてくれたので、授業中全生徒が倒れ込んで笑ったのを覚えている。

 

f:id:ookichi:20170320172048j:plain

 

そんな高校で1番の頭のオカシイヤツが和田という男だ。

 

1年の時、和田と俺は別のクラスだったのにも関わらず「和田はヤバイ!」という噂は学年中、いや学校中に知れ渡っていた。和田は見た目からして凄く、常軌を逸したハト胸で常に背筋が伸びたままの姿勢で歩き(あ!春日と同じ!)、そして濃すぎてほぼ半円の眉毛、ものすごく深い位置まで刈り込んだ床屋ヘア、針金の様なフレームのメガネ、制服はキッチリハイウエストでタックイン。誰がどう見ても生真面目クンなのだが性格も常軌を逸したナルシシストなのだ。普段から女子に対して「まあ、でも君はかわいいからね!瞳が輝いているよ」などのセリフを恥ずかしげもなく吐き「そういうのやめなよ」という周りのアドバイスに対しても「なんでだよ!!!女の子はこういうの好きなんだろ!!??」とツバを飛ばしてまくし立てる悪質なクレヨンしんちゃんという性格で、他人の評価を1mmも気にしないすげぇヤツだった。

2年になった際にクラス替えをして以降、和田とは3年まで同じクラスになったのでまあまあ彼とは話す機会があったのだが、もちろん和田の人間的評価は3年間変わらずゲロ虫(ゲロチュウ)以下という感じであり、女子が和田と話さなきゃいけない機会を手に入れてしまった場合、俺に「和田くんに〇〇って伝えてもらえる?」と仲介希望者が跡を絶たない感じであった。おれは飛脚か。

 

和田のオカしさが最も発揮された事件は修学旅行中に起こった。和田の行動もなのだが、増田くんというクラスメイトもヤバくなっていた。増田くんは簡単に言うとエスパー伊藤という感じの生徒で、真面目過ぎて挙動不審な言動が多い、常に独り言を言っている内気な生徒だ。そうだ、俺のクラスはハズレの生徒しか集まっていないクラスだ。「元4組」が悪口になるようなアベレージの低い生徒が揃っていた弱小クラスだ。

その修学旅行中、和田は常にビデオカメラを回しており「沖縄の海ですよ〜!!」とか「はい、僕達は今食堂に来ています」などの実況を入れていた。なにかに使用するのだろうか?

空き時間に和田が俺らの部屋に入って来て、撮影してたビデオカメラの映像を見せてもらっていたのだがその映像に俺らは驚いたのだ。そこに映っているのは和田がビデオを回しながら増田くんと宿内を探索している映像。増田くんは内気なので普段は和田とも話したりするような生徒ではないのだけど、修学旅行でテンションがアガっているのか映像内の彼は明らかにバキバキの目とテンションで、いつもよりハイ目な独り言をニヤニヤしながらつぶやいていて、電車にいるヤバいジジイとほぼ同じであった。

映像の中の二人はなぜか女子の部屋がある階に向かっていた。

 

「おい、まさかこれは……」

 

2人は階段を昇り女子の部屋の前まで向かっていく。ナンパものAVの最初のシーンを想像してもらえると分かりやすいだろうか。

 

「おい、コイツらのぞきかよ……しかも撮影までしてんのかよ。クラスのゴミなのに……」

 

彼らのクラス内での立ち位置はプールサイドに落ちているばんそうこう程度なのになぜイキってそんな事をするのか?性欲がそうさせたのか?のぞきはクラス内でもイケてる側のバカがやりがちな行為だと思うのだけど、なぜこのチームダボがやっているのか?俺はこの二人がどこまでキてしまっているのか、見届けようと思った。見届けようと思ったのだ。

映像の中で増田くんは「和田くんwwwこれはよくないよーwww戻ろうぜ」って言いながら明らかにその行為を楽しんでいる、確実に勃起をしている声とテンションだ。あの内気な増田くんがこんな危険な行為をするんだと俺はヒキながら見ていた。しつこい様だが増田くんはほぼエスパー伊藤である。イキるな、静かに隅っこで余生を過ごしてくれ。

俺はこの二人はのぞきをすると思って観ていたのだが、映像の和田は思わぬ行動に移った。女子がいる部屋のドアを正々堂々と開けて入っていったのだ。え?リスクという言葉を知らないのかコイツら……

 

「失礼しますー!」

 

和田はお宅訪問かの様に真正面からカメラを回して入っていった。もちろん許可など取っている訳ないし、そもそも女子は和田とは話さない。鎖国ならぬ鎖和田であるのに。

「はいー、今女子の部屋に来ています〜!!」

と実況しながら和田は部屋に入っていく。後ろからついて行っている増田くんはエロさと背徳感とスリルにヤられたらしく「ハヒッ…ハヒッ…」と声を漏らして部屋に侵入していた。

カメラが捉えていたのは「何が起きたの?」と言う顔でドアの方に来た女子達の顔だった。女子が和田クルーを見た瞬間

 

「なぜカメラが?」

「なぜ勝手に?」

「なぜ和田が?」

「なぜ当たり前のように?」

 

という表情になっていた、高解像度の表情であった。5秒ほどの沈黙(=脳のデータ処理時間)の後、ようやく事態を察知した女子達は

 

「は!?なにしてんの!!キモいキモイキモイ!!」

「ふざけんじゃねえ!!」

 

と、和田に向かって叫びはじめた。

 

俺は内心「これはスナッフフィルムだな…」と思いながらも、この初めて見るタイプの映像に、本当に女子が気持ち悪がっている顔に、キレている顔に、それと増田くんがバキバキにキマってるのが面白くて面白くて興奮していた。あの盗撮ですらないのぞき映像を見させられていた時の気持ちは多分もう味わえない。何故ならこれは本物の犯罪だからだ。色々な感情が錯綜した鑑賞タイムであった。

 

その映像は増田くん自身も同じ部屋で観ていたのだけど、我に返った俺はこいつらのクライムっぷりに気付き指摘した。俺は正義なのだ。

 

「和田と増田くん…これ犯罪だよ?何やってるの?」

「え?増田くん普段そんなんじゃないじゃん!?どうしてこんな事したの?」

「ごめん……和田であっても引くよ。これは」

「警察出てきてもおかしくないよね?」

 

などの注意をしているとようやく増田くんはアドレナリン分泌が収まり、通常営業に戻った様で。罪悪感に気付いたのか増田くんはどんどん青ざめていき、最終的に顔が中古の文庫本のカバーを外したみたいな色味とシワっぷりになってしまった。その増田文庫が創刊!(そして即廃刊からの絶版!)と同時に外が騒がしくなった…

 

「先生!!!和田が……和田が勝手に部屋に入ってきたんですけど!!」

 

女子の怒声が部屋の外から聞こえる。「ゴキブリ出たみたいな言い方すな」と思ったのだが、和田の評価は実際ゴキブリ以下であったので納得。担任は僕らの部屋から和田と増田くんを連れ出しこっぴどく叱られビデオカメラを没収された。

 

増田くんはそれ以来明らかに口数が以前より減り、落ちてるばんそうこう以下学園ライフを過ごしていたが、和田は変わらずという感じで、俺は和田の高貴なるハートに「主(しゅ)かよ……」と思っていた。

 

 

和田にはまだ逸話がある。

 

とある日、和田が帰りのホームルームで急に手を挙げた。

 

「来週からオンエアのしゃべり場にレギュラーで出る事になりました。よろしければ観て下さい」

 

ということを口にしたのだ。

しゃべり場と言えば10代がまとまってもいない意見を討論する様を楽しむ、青臭さを楽しむポルノ番組である。フツー、クラスメイトが出るとなったら教室は盛り上がりそうなものだが、和田の評価は盗撮ゴキブリ以下であったため誰も返事をしない重い空気になっていた。和田はそんな空気でさえも気にしない、いや嫌われている事を気にしないからこそ手を挙げて発言が出来るのだ。

学年全員がオカシイ認定をしているあの和田がテレビに出るのかと俺含め周りの面白がりは大興奮であった。人生楽しんだもん勝ちである。

俺はそのシーズンのしゃべり場をネットの反応を観察しながら観ていたのだが、シーズンの最初から「アイツはなんだ?」「キモイ」「勘違い」という書き込みがめちゃくちゃ出てきたのを覚えている。俺も学校でそう思ってたよ。

 

しかも和田が主役の回で話したいテーマとして持ってきたのは「どうして僕はモテないの?」というもの。クラスメイトだけでなく全NHK契約者&違法受信者が「見た目だろ!」と思ったのは明らかである、そしてその週の和田の発言を聞いて「全てだろ!」と思ったのも明らかだ。ズレまくった和田の女性感、そして男尊女卑っぷり、ナルシシストっぷりが炸裂した国民総ツッコミの素晴らしいエンタメだった。 

 

その回のレポートは検索すれば見つかるので是非見て頂きたい。

 

出演後、和田から話を聞いたのだが、和田はしゃべり場メンバーからもめちゃくちゃ嫌われていた様で「出演者に楽屋でケンカを売られた」と聞いた。お前がケンカのフリマを常にしてるんだよ。

 

その「どうして僕はモテないの?」回の翌日、学校は和田の話でもちきりだった。いかんせん和田は超絶嫌われていたので誰も本人には誰も話しかけていなかった。さすが孤高の主である。

 

 

で、しゃべり場は確か翌々週に前々回の放送を観た視聴者が「その回に物申す!」的なコーナーが放送されるのだけど、俺はその物申す役に「ちやや」が出てきた更に驚いたのだ。ちややとは同じ高校の女の子で、千晶が本名なのに当時あややが流行っていたというだけで自らを「ちやや」と名乗り、周りにもそう呼ばせていたカンチガイちゃんで、男子の間では恰好のネタキャラだったのだが、そのちややがTVで和田に物申していたのだ。和田と同じ高校であることには触れずに。

和田に触発されて自己承認欲求を抑えられなくなったカンチガイちややは和田を利用して自らもTV出演を果たしたのだ。合気道的な考え方である、和田の力を利用したのだ(いわゆる便乗)。ちややはそういうヤツだ。その為にハガキを出したのだ。NHKなので往復ハガキを出したのだろうか?

ちややとは化学の授業で一緒だったので放送後の授業で彼女の会話を盗み聞きしていたのだが「私もしゃべり場出ちゃったんだよね〜(笑)」とあたかも誰かに頼まれたかのように、かつ自慢げにヌかしており、俺は「和田よりこのちややの方が終わってるな」と思ったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上すべてを読んだカミナリのたくみ君

 

 

f:id:ookichi:20180115213643j:plain

おめーの学校、カスばっかだなッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに対してキムタクが一言

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ookichi:20180115213748j:plain

「出汁(でじる)」

 

 

 

 

 

和田とはその後の高校の何周年記念かのパーティーで出会ったのだが、性格はあのままでめちゃくちゃ頭がハゲていて

 

「この欠陥ビンゴの揃いっぷりエグいな」

 

と思ったのだ。